blog


【E-761】白地総刺繍松島

ブログをご覧の皆様

 

 

朝・晩と日中の寒暖差があり、毎日の洋服選びに頭を悩ませますが、

朝の気温が低いと、より紅葉の色づきがすすむそうです。

 

 

京都は紅葉の見所が多いので、色づきが楽しめると思うと

朝の冷たさも少し楽しみを帯びて、

露寒の中でも足取りが軽くなる・・・のは私だけかもしれませんね(笑)

 

 

ちなみに今年の京都の紅葉は 11月下旬から12月初旬が見頃のようです。

 

 

 

さて、京都の街を彩る 紅葉、桜、新緑・・・と言えば、お写真撮りですよね!

 

 

もちろん、挙式や披露宴にも人気のシーズンですが(笑)、

 

今回は、季節を問わずお召し頂ける色打掛をご紹介します。

 

 

 

E-761

白地総刺繍松島

 

藤や桜、あやめや桔梗など、四季の草花が華やかに刺繍された総絵羽の色打掛です。

背面には鶴も羽ばたいているので、可愛くも とても見応えがあります。

 

 

 

左肩には松が刺繍されていて、少し渋さも感じます。

 

白地に多色の総刺繍ですので、ブーケ選びも楽しい色打掛です。

 

 

ご試着をご希望の新婦様、ぜひご予約の上 ご来店くださいませ!

 

 

お待ちしております。

 

 

 

公式 Face Book→ https://www.facebook.com/AYUMIBRIDAL

公式 instagram→ http://instagram.com/ayumibridal

公式 Pinterest  → https://jp.pinterest.com/ayumibridal/